3D-CTバーチャル
大腸内視鏡3D-CT

3D-CTバーチャル大腸内視鏡とは?

内視鏡を挿入せずに、マルチスライスCTを用いることにより、楽に、短時間で、大腸検査ができるようになりました!
検査は10-15分で終わり(撮影は約16秒を2回)、ほとんど、苦痛がありません。
内視鏡検査のように、組織をつまむ検査はできませんが、何も病気がないことを確認するにはうってつけです。欧米では大腸をみるための検査として、かなり、メジャーな検査となっています。
3D-CT3D-CT バーチャル大腸内視鏡
3D-CT3D-CT画像

検査方法

当日までに前処置で、腸をきれいにします。
当日は、おしりから空気を注入し、CT撮影を行うだけです。検査室に入って、終了まで約15分です(撮影は約16秒を2回です)。

page top